辛い症状が長引く時は精神科の病院を受診しましょう

サイトメニュー

女性特有のトラブルとは

お腹

妊娠時のトラブル対処法

妊娠は、小さな命をお腹に宿している神秘的な状態です。そして妊娠中は、胎児を成長させ、母乳を作るために多くのホルモンが出て、女性の体や心には様々な変化が起こると言われています。その変化は、決して良いものだけとは限りません。妊娠したら、幸せな気持ちで満たされるはず、と予想している女性は多いですが、実際には、不安になったり、うつ状態になったりなどマイナスな状態になってしまうことは少なくないのです。小さな命を体の中に宿しているのですから、不安になったり、お腹の子を守るために攻撃的になったりするのは本能のようなものです。それに付随し、ホルモンの変化によって、心のバランスが崩れてしまうのです。よくある症状としては、不安感やうつ状態に襲われ、勝手に涙が出てくる、些細なことにイライラする、というもの。きちんとお腹の子を愛せるか、きちんと育てられるか、など不安なことを挙げるときりがなくなり、どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。それに伴い、吐き気、頭痛、だるさなども良くある症状の一つです。精神的な症状が影響し、このような身体的症状をもたらします。さらにこの状態がつわりなどの時期と重なると、さらに心に負担がかかり、心療内科を受診しなくてはならないケースもありえます。しかし、もしもこのような状態になったとしても、自分を責める必要はありません。ホルモンバランスの変化や、妊娠中の不安な気持ちはだれにもが起こることであり、お腹の子を愛しく感じているからこそのことでもあるからです。

妊娠が影響して起こるこのような心の変化を、妊娠うつやマタニティブルーと言います。また、産後もホルモンが急激に減ることによって同じような状態になることもあり、これは産後うつと呼ばれています。妊娠うつや産後うつが重症化するのは非常に危険ですので、現在多くの自治体で、このような症状に悩む女性の相談窓口が設置されています。少しでも異変を感じたら、このような窓口を積極的に利用しましょう。基本的に市や地区が運営している機関では、費用はかかりませんので気軽に相談出来ます。抱えている不安や悩みを受け止めて解決策を導いてくれたり、家に訪問し妊娠中や育児中の悩みを聞いてくれたりします。特に妊娠中は、頼りの綱である夫にもイライラして喧嘩が絶えなくなる、ということもありますので、このような第三者の窓口に相談する、というのは貴重です。また、専門の心療内科を受診してもかまいません。より専門的なアドバイスをくれたり、妊娠中でも服用出来る精神安定剤などの薬を処方したりしてくれる場合もあります。ただしこのようなときは、必ずかかりつけの産科の主治医に相談してからにしましょう。処方された薬や、逆子や切迫早産気味など妊娠中の特殊な状況などがあれば、それによって医師の対応が変わってくるからです。どのような状況でも、妊娠中の体と、その中にいる子を第一に考えることは重要です。妊娠は、女性の人生の中でも非常に大切で濃厚な時間です。少しでも楽しい妊娠ライフを過ごすために、ホルモンバランスによる負の症状に速やかに対応できるように心がけておきましょう。