辛い症状が長引く時は精神科の病院を受診しましょう

サイトメニュー

いろいろな治療法がある

医者と看護師

早期に治療を開始しよう

妊娠中には音に敏感になったり、体が重たくなったりというように今までとは違うことがたくさん起こるようになります。イライラ感が出ることもあるでしょう。体がどんどん重たくなってきて、思うように動けなくなることも少なくありません。こうしたことで、うつ病を発症してしまうこともあります。妊娠中にうつ病になってしまうと薬を使えないのではないかと不安に感じる人もいることでしょう。ところが、この点は安心です。妊娠中でも使える薬を処方してもらうことができるからです。まずは早急に心療内科もしくは精神科を受診しましょう。病院に行くのがイヤだということで放置してしまう人も少なくありません。しかし、そのままにしておくとどんどん症状が悪化してしまうことがあります。状態が悪い中での出産はさらに大変です。産後は育児中心の生活になることから、また体調が悪くなってしまうこともあります。そもそも、うつ病の状態で育児をするというのは難しいものがあるのです。早急に状態を改善することに専念しましょう。そのためには一人で悩まず、信頼できる身近な人たちの協力が必要になります。親御さんやパートナーなどに相談しましょう。家事や育児は分担することが大切です。少しでも負担がかからないようにすることで、状態もだんだんと落ち着いてきます。薬での治療も状態が良くなってくれば減らされていきます。母乳や母体に影響がないように漢方薬を使うこともあるので、まずは主治医に相談してみましょう。当然、胎児や赤ちゃんの体を考えて治療をしてくれます。

妊娠中にうつ病を発症してしまったら、すぐにでも心療内科や精神科を受診しましょう。総合病院内の産婦人科に通っている場合には、院内の心療内科や精神科を紹介してもらえることもあるので安心です。産婦人科と連携していた方が何かと好都合だからです。もちろん、他院に通うこともできます。うつ病は心の病気であり、とてもデリケートなものです。信頼できる病院を探しましょう。他院に通うにしても自身が妊娠中であることは最初に伝えておく必要があります。というのも、妊婦には使えない薬もあるからです。その点も考慮してもらいましょう。また、インターネットで情報を収集するというのもおすすめです。妊婦でも安心して通えるような病院を探すのです。それには口コミが役立ちます。産前のみならず、産後にもうつ病になる人はたくさんいるものです。後々のことも考えて定期的に通うことになるのなら、自宅からできるだけ近い病院を探しておいた方が無難です。産後も通院の可能性があるため、赤ちゃんと一緒に通えるようなところを探しておきましょう。もちろん、周囲の身近な人たちへの相談も大切です。妊娠中はいろいろと不安に駆られることも多いため、何でも相談できる人が一人でも居ると安心です。家族や友人など、不安点などはすべて吐き出してしまいましょう。お母さんが心の病気になってしまうと、お腹の赤ちゃんも不安になってしまいます。安心して出産できるようにするためにも、早いうちに治療を開始し少しでも症状を改善することが何よりも大切なことです。