辛い症状が長引く時は精神科の病院を受診しましょう

サイトメニュー

早めに精神科を受診する

診察

カウンセリングや行動療法を行います

赤ちゃんが欲しい人には、妊娠はおめでたいことですが、悪阻や貧血などの体調不良が見られることが多いです。過去に流産を経験した人は、正常な分娩ができるか不安を感じている人も少なくありません。妊娠中は普段よりも、ホルモンバランスが崩れやすいので、心身の不調を感じることがあります。気分の落ち込みや、涙もろくなる、イライラして家族にあたるなどの、うつ病の症状が見られることがあります。気になる症状が見られる時は、放置をせずに精神神経科や心療内科などを受診して下さい。カウンセリングや診察、問診などが受けられます。基本的には、カウンセリングや行動療法などの治療を行います。うつの症状が長引いている場合は、胎児や母体に影響の少ない、抗うつ剤が処方されることもあります。真面目で責任感の強い性格の人や、両親や義理父母の過干渉、過去に精神疾患に罹った経験のある人は、うつになりやすい傾向があります。十分な休息や睡眠が必要なので、過度なストレスを溜めないことが大事です。結婚をして住所が変わった人は、身近に頼れる友人や姉妹などがおらず、悩みを抱えがちです。地域の無料相談などを利用したり、家事の負担を減らしたりするために、家事代行サービスなどを利用するのもお勧めです。妊娠中は分娩や出産に対する恐怖心を持っている人も少なくありません。地元で評判の高い産婦人科のクリニックを選ぶと、信頼できる医師や看護師、助産師などが在籍をしているので、不安や悩みを相談することも大事です。家族の協力が得られる場合は、家事を手伝ってもらうことが大事です。

妊娠すると一時的に休職をしたり、退職をしたりする人もあるので、大きく環境が変わることが多いです。仕事をやめたり、休んでいると一人で家で過ごすことが多くなります。妊娠中の女性は、ホルモンバランスの乱れや体調不良などが原因で、うつの症状が見られることがあります。妊娠中のうつは、全体の10パーセントぐらいに見られるといわれています。気力や意欲が減退して、やる気が出なくなることもあります。洗濯や料理などの家事を効率よくこなせなくなり、配偶者に怠けていると勘違いされることもあります。妊娠中の女性は、喫煙や飲酒、食事などを制限されることも多く、普段よりもストレスを受けやすい傾向があります。妊娠中期に入り、悪阻などが収まってくると、少しずつ体調が良くなってきます。マタニティーヨガやウォーキングなどの、無理のない運動を行うのもお勧めです。うつの症状が辛い時は、放置をすると悪化する可能性があります。地元で評判の高い精神神経科や心療内科を選ぶと、親切で丁寧な応対が特徴です。カウンセリングなどの精神療法を受けることで、不安や悩みを相談しやすいです。うつ病は怠けなどではなく、精神疾患のひとつなので、適切な治療を受ける必要があります。精神神経科の病院やクリニックは、怖い所ではないので、安心して通院が出来る環境が整っています。過去に流産や不育症などを経験した人は、お子様を失う恐怖を感じている人もあります。定期的に産婦人科のクリニックを受診して、検査や内診を受けることも大事です。産婦人科と精神科の両方でサポートを受けると良いでしょう。